☆ツーリング企画のお知らせ☆

しばらく企画はムリぽ・・・


 
■プロフィール

おいち

Author:おいち
三重県在住のバイク乗り
ガンプラにも手を出してます
リンクフリーですので末席にでも加えていただけると幸いです

■現時点で判明している今後の予定

1日でも早く復興へ!
三重から出来る事をコツコツと!!




■Twitter

■最新記事
■最新コメント
■リンク

このブログをリンクに追加する

■FC2カウンター

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
R1200GSにローダウンステップ取り付け
R1200GSにローダウンステップ取り付け☆






家の事情で精神的に休まる暇がありまへん・・・(T_T)



色々あるけど、ちょっとくらいは気分転換にバイクに乗らんと!









とか言いつつ、今回はカスタムネタです(笑)









タイトル通りやけど、GSにローダウンステップを取り付けたYO!



最近アールズギアから発売されたばかりやで、人柱?(笑)








インプレは1000キロくらいのロングツーリングしてから・・・



なんて言ってると、一生ブログにアップされやん気がするのは内緒や!(爆)














ローダウンステップの詳細は【 コチラ 】で樋渡さんが詳しく解説されてるんで見てちょ!













ササキスポーツにまだ置いてなかったんで、直接加佐登のアースルギアに買いに行ったら



色々サービスして貰えて何だか得した気分!?(笑)








モノは他のビレットパーツ同様、コンパクト且つキレイにパッケージされてます。




















中身はこんな感じで、左右ステップ本体の他にリターンスプリング2本(左右共通)と



ブレーキペダル調整パーツ2種と、それを固定するボルト&ワッシャ。




















もちろん、写真や図解で分かりやすい取り付け説明書も同梱されてますんで



初心者でも安心!?(笑)










ステップ根本にはアクティブコンフォートシリーズのロゴが。



さり気なく手間が掛かってますな。


























早速 ようやく取り付けです(爆)





まずは純正ステップを外すんで、シャフト下部のEリングを外します。

























んで、シャフトを上に引き抜けば純正ステップが外れます。

























かな~り汚れてるんで、パーツクリーナーで各パーツを拭き上げ!




















で、摺動部にシリコングリスを塗ったらローダウンステップにリターンスプリングを嵌めて



純正シャフトで固定&Eリングを復旧したら右ステップは完成!

























よし、左ステップも楽勝やん♪






・・・








・・・・・・











・・・・・・・・・・・・


























ってアレ????

























シャフトが抜けやんやんけ!





















見たマンマやけど、チェンジペダルが干渉してシャフトが抜けまへん・・・orz





説明書見たら、ちゃんと「先にチェンジペダル外してや!」と書いてあるし(爆)

                        ↑

               ホントは真面目に書かれてます(当たり前や)










というワケで!? E8トルクスソケットを買いに行くため、作業を一時中断・・・(苦笑)




DIOワールドでまさかの品切れに愕然とし、結局ビバホームでソケットお買い上げ~



なんだか徐々にトルクスソケットが増えていく・・・(笑)




























軽く凹みつつ、気を取り直して作業再開!




と言ってもチェンジペダル抜いてステップ交換するだけなんで、数分で終了(爆)
























だがしかし・・・





問題はここからやった・・・・・・




















ステップ位置が23mm下がった分、相対的にチェンジペダルの位置が高くなるワケやけど



スプライン1山分下げると低すぎて、サイドスタンドの動きに干渉する。





って事で、微調整はシフトロッドでやらなアカンのやけど、これが曲者やった・・・






まずは手前にあるエキゾーストフラップ駆動ユニットをどかして~



その奥にあるシフトロッドを調整・・・ ってアレ???




















何かがおかしい・・・












ってどう見ても逆ネジになってね~っ!!!







一応ロックナットを緩めてシフトロッドを回してみたけど、ロッドが単ネジやで



ロッドだけが上下に動くのみで、当然ペダルの位置は全く動きまへん・・・orz











リペアDVDを見ても調整作業の項目が無い・・・



シフトロッド交換の部分を見ると、外した状態で調整する方法だけが載ってる。






狐に抓まれた気分でディーラーに確認してみたところ・・・




なんとボールジョイント部分を外さんと調整できやん仕様らしい!!!






片方逆ネジにしとけば調整簡単やのに、ドイツ人の考える事は分らん・・・









結局リテーニングクランプを外し、ロッドの片方をボールジョイントから



外してペダル位置を調整しましたとさ。









ちなみに・・・



ブレーキペダルは矢印の位置に付属の調整パーツを付けて下げるんやけど、



元々のペダル位置が低すぎやったんで、私のポジションやとステップが下がって



ちょうど良い位置になった感じ。調整不要やったわ。

























以上、当初の予想からだいぶ余分に時間がかかってようやくステップ交換が終了・・・






交換後20キロくらいしか乗れてないんで、インプレは後日!



ってホントに乗る暇あんのかな・・・







スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

R1200GS | 21:05:20 | コメント(4)
F800GT
F800GT



発売日が2月22日やのに何故か3週間以上も早く



ディーラーにデリバリーされたF800GT・・・(苦笑)






前身のF800STからどう変わったんか?



自分自身も興味津々やったんで早速実際に見てきた♪






写真いっぱいで紹介しちゃいましょう☆







ちなみに、ファーストデリバリーではイメージカラーの



バレンシアオレンジは無かったそうな。












まずは正面から。




















モトラッドのHPで見るとガウルのボリュームが凄そうやったけど、実際はF800STより



ちょっとだけ幅が増しただけかな?







サイドから見ると、STとはまた違った形状のカウルが良くわかる。




















ホイールの形状も大きく変わった。



ちなみにボルトの横に「規定トルクを遵守」というシールが貼られてる(笑)




















テール・ブレーキランプはLEDじゃないけど、日本仕様なんでウィンカーは前後LED。



リアキャリアはお馴染みの樹脂製で、裏から見ると肉抜きが凄い事になってます。




















リアフェンダーはSTとデザイン・長さが異なります。



よく見るとマフラーの部分がちょっと抉れたデザイン。




















動力伝達はST同様にベルトドライブ。




















日本仕様では標準装備なエクストラローシート。




















はっきり言ってしまえばダメダメですな。





メーカー自身が限界までアンコ抜きしたシートのようなモンですが、窪んだ箇所に



お尻の位置が限定されるうえ、ステップが近すぎて膝の曲りが窮屈すぎる。



せめてローシートを標準装備にするか、購入時にユーザーが選択できればねえ・・・










左ハンドルスイッチ。
























ウィンカースイッチはF700GSなどと同じ一般的なタイプに。



今後BMWもこのタイプに統一していくんかな? 空水冷のR1200GSもこれみたいやし。



ABSが標準装備やけど、キャンセルスイッチは無し。



まあ積極的にABSをキャンセルするようなバイクじゃないって事かな?











こちらは右ハンドルスイッチ。




















グリップヒーターのスイッチと、キルスイッチを兼ねたセルスタータースイッチ。



これも最近のBMWの仕様に準じてますな。







ハンドル周りを上から。



ハンドルバーとキーシリンダーが近すぎて、キー回しにくそうなんやけど・・・(苦笑)




















STでも日本仕様はパニアステーが標準やったけど、GTも上のポッチは多分同じもの。



下部はちょっと形状が変更になった。



恐らく新型のハードパニアを取り付けるために変更されたんとちゃうかな?




















サイレンサーの保持がSTのタンデムステップベースから



パニアステーベースに変更になってます。




















エキパイの取り回しもF800Rと同じになって、サイレンサーが高い位置を通るように。



タンデマー用のヒートガードもF800Rを流用?












タイヤの拡大写真は無いけど、ContinentalのRoadAttack2を履いてます。



中々特徴的なパターンですな。



コンチのタイヤで走った事ないんで、どんな感じなんか興味あるわ。








あと、工場オプションでASC(トラクションコントロール)とダンピングのみ調整可な



ESAがセットで装着可能。





ESAはともかく、ASCはあれば安心なんやけどね~










今日別件でモトラッド寄ったら、白がもう1台増えてた(笑)




2月22日発売なんで、その日まで納車は出来やんらしいけど、



契約はもう可能らしいよ~





欲しい人は早めにディーラーへGO!(笑)





テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

バイクその他 | 00:59:33 | コメント(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。