☆ツーリング企画のお知らせ☆

しばらく企画はムリぽ・・・


 
■プロフィール

おいち

Author:おいち
三重県在住のバイク乗り
ガンプラにも手を出してます
リンクフリーですので末席にでも加えていただけると幸いです

■現時点で判明している今後の予定

1日でも早く復興へ!
三重から出来る事をコツコツと!!




■Twitter

■最新記事
■最新コメント
■リンク

このブログをリンクに追加する

■FC2カウンター

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ソフトクリームを求めて・・・
ソフトクリームを求めて・・・


ABS体験試乗会の続きです。

ABS体験試乗会が終わり、ボスコ・モト長島に寄ったものの、まだお昼。
天気は良いし、このまま帰るのもなんだか勿体ないなあ・・・

という事で、あのソフトクリームを食べるべく旅立ちました。 ← って大袈裟すぎ(笑)


長島を南下し、長島インターから伊勢湾岸に乗り東へ!
豊明辺りで晴れてきて、路面の照返しで蒸し焼きになりそう・・・
「上下メッシュでこの暑さかよ~」とボヤキながら走ってました(笑)

豊田JCTから東名に乗り、豊橋インターで高速を降りて、今度は1号線を西へ向かいます。
道中あまりにお腹空いたので、マックで遅めのランチを食べました。


ナビがあるのに器用に迷う事数分(笑)
目的地に到着!

岡崎市にある八丁味噌の老舗、カクキューさんです。

私が何しにここへ来たか、察しの良い方はもうお気付きですね(笑)

DSCF0074.jpg


DSCF0075.jpg




駐車場に到着した時、伊勢からこられたツーリングの団体さんと入れ違いになりました。

DSCF0071.jpg


DSCF0072.jpg




駐車場など、敷地内の自動販売機とゴミ箱は味噌色に統一されてました(笑)

DSCF0073.jpg




まずお土産の売店に入り、工場見学できるかどうか確認。
15分ほど後の14時半スタート組にエントリーできました。

待ち時間の間に今ツーの主役、味噌ソフトクリームをいただく事にしました。

「えっ、味噌のソフトってそんな・・・」と思ったアナタ!
食わず嫌いは人生損しますよ~(笑)


売店横の休右衛門(暖簾には久右衛門ってなってますねえ)に入って300円で食券を購入し、ドキドキしながら主役の登場を待ちます(笑)

DSCF0085.jpg




ほどなくしてご登場!
やや茶色がかったクリームに興味津々ですっ!

DSCF0083.jpg




やや緊張しつつ、一口パクリ。

んっ? 普通のソフトやん。

と思ったのも束の間、一寸遅れて味噌がほのかに香ってきます。



・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






コリャ美味いぞ!

と夢中になって食べましたとさ(笑)


いや~、正直食べるまではドキドキもんでしたが、私の好みの味でした。
もう少し味噌の味を前面に出した方がもっと美味しいかも?


美味しいというのはあくまで当方の主観です。
この記事を見てわざわざ出かけたのに、食べたら不味かった!
という可能性も十分ありますので、食するかどうかは自己責任でお願いします。m(_ _)m



ちなみに食券販売機には他にも「味噌パフェ」「八丁味噌ラガー」「味噌餃子」なるボタンがありました。
めっちゃ気になりましたよ!(笑)
今度近くを通る時には是非食べてみたいもんです。








味噌ソフトを食べ終わると、ちょうど見学スタートの時間でした。

ただ、脱いだメッシュジャケットとナビ等を入れたタンクバッグがちょっと邪魔。
ダメもとで売店の方に荷物を預かって貰えないか聞いたところ、快く預かって頂けました。
(ちなみに手荷物預かりのサービスはありません)



店員さんの機転の利いたご好意に感謝しつつ、まずはアンケート用紙を受け取ります。

DSCF0086.jpg




簡単な説明の後、見学スタート!


外からはわかりませんでしたが、敷地内はかなり広く、蔵がいくつも建ってます。

DSCF0087.jpg


DSCF0088.jpg


DSCF0089.jpg


DSCF0090.jpg


DSCF0091.jpg


DSCF0092.jpg




かつて実際に使われていた蔵を見学用に開放した場所に到着。

DSCF0093.jpg




なぜか鬼瓦が下に飾って?ありました。

DSCF0094.jpg




中には貴重な展示物や、人形で八丁味噌作りの工程を再現した風景など、色々なものを見ることができます。

DSCF0095.jpg


DSCF0096.jpg


DSCF0097.jpg




奥は撮影禁止となっていたので写真はありません。

ちなみに奥には100年以上昔に作られた桶が展示されてました。



外には水を上げておく給水タンクみたいなものがありました。
今も使っているのかな?

DSCF0098.jpg




その後場所を変え、実際に味噌を漬けている蔵へと案内されます。

「甲子蔵」ってなんて読むかわかります?
「きのえねくら」と読むんだそうです。

DSCF0099.jpg




内部には数十個もの桶が立ち並んでいて、ちょっと圧倒されます。

DSCF0100.jpg


DSCF0103.jpg




桶ひとつが500キロ、その中に味噌玉を6トン入れ、上から石を3トン積み上げて漬けるんだそう。
6トンの味噌って想像つきませんが、味噌汁にすると30万人分なんだそうです(驚)

ちなみに積み上げた石、過去の大きな地震でも落ちてきた事はないそうですよ。


外に出ると出番を待つ桶や蓋板が置いてありました。

DSCF0105.jpg


DSCF0106.jpg




桶を円筒状に留めている箍(たが)、最近は鉄製ですが、かつては竹を複雑に編んで作られていたそうです。
今回の見学中にもいくつか竹製の箍の桶がありましたが、箍を編む職人さんがもう居ないので貴重品との事。

鉄製だと数年でダメになるそうですが、竹製の箍だと数十年もつという説明がありました。
やっぱ職人さんって偉大だなあ。



そうそう、見学コースの各所に「純情きらりロケ地」の看板がありました。
私は見てないんですが、「テレビ見てた人~」と聞かれて手を上げていた人、結構いらっしゃいましたね。


見学のラストは試食コーナー。
ここでは最高級の八丁味噌と、赤だしで作った味噌汁の試飲と、こんにゃくの味噌田楽が頂けました。
赤だし好きの私にはパラダイスと言っても良いでしょう(笑)

DSCF0107.jpg




どれも美味しくいただきました♪



見学を終え、アンケートを記入して受付に持っていくと赤だしの試供品が貰えました。

DSCF0108.jpg




試供品となってますが200gも入っているという太っ腹!


無料の見学にこんなにサービスして大丈夫なんだろうかと、余計な心配してしまいます。
今度車で行く時はいっぱいお土産買って帰ろうと思ったのでした~

売店の品揃えの一部

DSCF0076.jpg


DSCF0077.jpg


DSCF0078.jpg


DSCF0079.jpg


DSCF0081.jpg





帰りは貧乏性を発揮して下道です(笑)

1号線から23号線に乗り、レッドバロンに寄ってバンディットのチェーン見てもらったり、店員さんとお話したり。

帰宅したのは18時半でした。

本日の走行距離168キロ。
たいした距離は走っていませんが、とにかく暑かったです~

DSCF0109.jpg





ちなみにカレー好きの先輩に買ったお土産はもちろんコレ(笑)

DSCF0110.jpg




ツー先ではまずご当地カレーか、こういう面白いカレーを探しちゃうなあ・・・(笑)







スポンサーサイト

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

ツーリング | 00:59:40 | トラックバック(0) | コメント(22)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。