☆ツーリング企画のお知らせ☆

しばらく企画はムリぽ・・・


 
■プロフィール

おいち

Author:おいち
三重県在住のバイク乗り
ガンプラにも手を出してます
リンクフリーですので末席にでも加えていただけると幸いです

■現時点で判明している今後の予定

1日でも早く復興へ!
三重から出来る事をコツコツと!!




■Twitter

■最新記事
■最新コメント
■リンク

このブログをリンクに追加する

■FC2カウンター

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
岐阜堪能ツー(やまびこロード、白川郷、せせらぎ街道)
岐阜堪能ツー
 <やまびこロード、白川郷、せせらぎ街道>



HORI-Gさんのご要望を実現すべく、今回は分割せずアップしたため長いです(笑)
気合入れて読んで下さい m(_ _)m


毎度ながらちょっと小さい写真はクリックで拡大されます





竹田城跡&但馬海岸から帰ってきた翌日、ソロツーで岐阜のあじさいロード、やまびこロード、せせらぎ街道を走る計画を立てていました。

目覚ましを2つセットしていたにもかかわらず、1つは完全スルーでスヌーズの30分間鳴り続けていたのに起きなかった模様(笑)
ようやく起きたのは6時。
計画がいきなり遅れてしまった!

さすがに年取ったのは隠せませんね。
疲れが一晩では取れなかったみたいです・・・

急いで準備を済ませ、Ninja250Rの暖機をしつつナビやタンクバッグなどを装着。
家を出たのは7時前でした。
dscf2229.jpg



天気予報通り風も穏やかで、空は雲もほとんど無い快晴!
絶好のツーリング日和です!
dscf2230.jpg



国道1号線に出て中州道路へ左折し、県道23号をひたすら北上します。
この道、地元の人なら誰もが知っている岐阜へ抜ける長良川沿いの快走路です。

途中SANYOのソーラーアーク前で偶然東海道新幹線が通りかかったのでパチリ。
dscf2231.jpg



その後岐阜に入るも市内は所々で渋滞・・・
岐阜の出勤ラッシュ時間帯を避けるために早起きするはずだったのに、寝坊した事が響いてますね~
自業自得なので仕方ありません、ちょこちょこすり抜けしつつ山県市に入り、今日最初の目的地、アジサイロードに到着です。


アジサイロードは、「日本の道百選」にも選ばれている板取川沿いを流れる20キロほどの生活道路を兼ねた道で、一部片側一車線でない狭小区間がありますが、概ね快走路。
さすがに時期的に早すぎて紫陽花はまだです・・・(笑)
来月来ればさぞ綺麗だったはず・・・


タラガトンネルへ曲がる手前で一旦停車し、パチリ。
板取川下流を望む
dscf2232.jpg



Ninjaを撮るものの、いまいちな写真に
dscf2233.jpg




前方にはそびえ立つ山々が
dscf2234.jpg





ここからタラガトンネルを抜け、国道156号線を目指します。
平日朝という事もあってか、タラガトンネル内では1台の車とも対向しませんでした。
長い直線のトンネル、ここでNinja250Rの最高速を試してみました。
結果はまあ予想通り。
前々から感じていましたが、バンディットに比べるとメーターと実測との乖離が大きいですね。
そういえばNinjaでフルスロットルは初めてです。

程なくしてトンネルを抜け国道156号線に合流したら、しばらく道なりに走ってからやまびこロード入口に向かうため県道317号線へ向けて右折。
次の目的地のやまびこロードとは、県道317号線から県道316号線、ひるがの高原に抜ける広域農道。


走り出すと適度な高速ワインディングで、一部東海北陸自動車道と並走するポイントがあったり変化に富んでいて楽しい!
車もほとんど走っておらず、前方に山々を見上げつつ高度を上げていく気持ちの良い時間があっという間に過ぎていきます。
あまりの気持ち良さに止まるのが惜しくて写真1枚も撮ってません(笑)

期待した皆様、申し訳ありませんでしたm(_ _)m


ひるがの高原からは再度国道156号線に戻り、次の目的地の御母衣湖を目指しひたすら北上。
156号線も市街地から離れるとコーナーが増え、走っていて楽しい区間がいくつかあります。



しばらく走ると御母衣湖が見えてきます。
更に北上して御母衣ダムに到着。
以前来たのは10年以上も前ですが、いつ見ても綺麗ですね~
dscf2235.jpg




そしてこちらが御母衣ダムの湖側。
ツーマプには巨大なロックフィルダムという記載がありますが、コンクリートでかっちり作られたダムしか知らない人が見たら、石を積んだだけのように見えるこのダムはさぞかし脆く見えるだろうな~
dscf2236.jpg




こちらはダムの北側に回り込んでから撮った写真
dscf2238.jpg




dscf2239.jpg




せっかくなのでNinjaを絡めてパチリ
dscf2241.jpg





写真も撮ったし次の目的地白川郷を目指しますか!
国道156号線をまたしても北上し、しばらくして白川郷に到着。
朝遅れたわりに、11時前に辿り着くことができて一安心。


駐車場に着くと駐車場のおっちゃんに協力金200円を手渡し。
ここでは駐車料金とは言わず、協力金と言うんですね。
しかもバイクは200円とリーズナブルです。
でもバイクは私だけでした。


冬装備を脱いで軽装に。
実は前日但馬海岸でめちゃくちゃ寒かった反省を踏まえ、山の上がどんだけ寒くても大丈夫なように家を出るときには冬装備で出ていたのでした。
対向するバイクが半そでだったりする中、冬用ダウンジャケットにインナーパンツをはいていた私は相当怪しかったに違いない(笑)
でもここまでは冬装備でちょうど良いくらいの気温で、読みが当たってちょっと嬉しい♪


とまあそんな事はどうでも良いですね、まずは観光案内所で郷内の地図をもらいます。
数少ない白人の外人さんが写ってます。
案内所の方はちゃんと外国語で応対してました、スゲエよ!
dscf2242.jpg



郷へは庄川に架かる「であい橋」を渡ります
dscf2243.jpg




郷内に入ると五平餅の看板が!
dscf2244.jpg




朝食がパンひとつだけで腹ペコだったので、飛騨牛串とちょっと悩んだものの五平餅を購入、200円ナリ。
山に来た時は五平餅というのが私のセオリー(笑)
dscf2245.jpg




歩きながら五平餅をいただく、お行儀の悪い私・・・
とっても美味しかったですよ~

今まで知らなかったんですが、お土産屋さんがいっぱいあるんですね。


お土産を物色しつつ、まずは神田家。
dscf2247.jpg

dscf2246.jpg




池には鯉が優雅に泳いでいました。
dscf2248.jpg




面白いモノがあったのでパチリ。
景観を損ねないようにパラボラアンテナが茶色に塗装されてました。
白(アイボリー)や黒は見かけるものの、茶色のアンテナは違和感バリバリです。
dscf2249.jpg




神田家入口の説明に免震構造云々の文字があったので、入館料400円払ってでも中に入ろうかと迷ったんですが、あまり時間をかけると他をゆっくり見られない事もあり断念。
最終的に自宅に帰った時間から逆算すると十分寄れたんですが、いまさら後悔しても遅いですね・・・


お次は長瀬家。
最大級との事です。
dscf2251.jpg




dscf2252.jpg





萱葺き屋根を下から。
断面見るとその分厚さに驚きます。
dscf2250.jpg




最後は和田家。
こちらは国の重要指定文化財です。
dscf2253.jpg




dscf2254.jpg




こちらも入館料払えば入れるんですが、ここも長瀬家の時と同じ理由でパス。
今考えるとホント勿体無い・・・
dscf2255.jpg




屋根と空をあわせてパチリ
dscf2256.jpg





そうこうしているうちに飛騨牛を使った肉まんのお店発見。
すごく食べたかったんですが、かなりサイズが大きく、今食べるとお昼ご飯に差し支えるので泣く泣く見送りました。
dscf2257.jpg




山と合掌造りの家屋がバランスよく見えるポイントでパチリ。
dscf2258.jpg


お土産はカレー好きの先輩のために飛騨清美和牛ビーフカレーと豆吉本舗の新黄金のカレー豆(笑)を購入。
dscf2279.jpg





結局郷内を1時間半ほどうろうろしていました。
であい橋を渡って駐車場へ戻ると、私以外にもバイクが数台停まっていました。

その中にマーナを発見!
実車は初めて見ました。


お昼ごはんを戴こうとそば道場へ向かうと、なんとお休み!
楽しみにしていただけにショックでかいです・・・
dscf2259.jpg



気を取り直してそばは荘川で食べる事にして出発する事に。
さすがに冬装備はもう暑いので、春装備にチェンジ。

駐車場のおいちゃんに手を振って挨拶しつつ、来た道を引き返します。


国道156号線を南下し、御母衣湖を過ぎて左に折れたら、ツーマプに快走路と記されている国道158号線です。
記載内容に偽り無く、車も少なく気持ち良く走れましたよ。


まもなく荘川そばの里に到着。
dscf2266.jpg




ここにはデカイ水車があります。

駐車場に停まっている車と比較すると、大きさも判るというもの。
dscf2265.jpg





心打亭でそばを食べる事に。
dscf2267.jpg




頼んだのはコチラの庄川そば定食(冷)1700円ナリ
dscf2269.jpg





そばももちろん美味しかったんですが、予想外に川魚のうま煮が絶品でした。
コレがあればご飯何杯でもいけそうなくらい美味しかったですよ!

そば道場の一件で落ち込んだ心を癒してくれたお昼ご飯でした(笑)




食後に水車とNinjaを絡めて写真を撮ってみた。
定番のローアングル・・・ 水車がでかすぎて見切れた~!
dscf2271.jpg




小さい水車とNinja
dscf2272.jpg






そして最後の目的地のせせらぎ街道を目指して国道158号線を北東に進みます。

程なくしてせせらぎ街道の入口、県道73号線との交差点に到着。

ここで思い出したように信号機の写真を撮る私・・・
豪雪地帯ならではの形状ですね~
dscf2273.jpg





せせらぎ街道は南に向きだと最初直線主体の軽いカーブですが、だんだんカーブがきつくなってきます。
また、道中何度も川と並走したり交差したりして、走っていて気持ち良い!
dscf2274.jpg





途中バイクを停めてエンジンを切ると、川のせせらぎが聞こえてきて、せせらぎ街道の名前が本物であることを実感できます。
dscf2275.jpg




dscf2276.jpg




しばらく走っていると国道257号線、国道472号線と道が変わっていきます。
国道472号線の険しい区間を避けるため、今回唯一の有料道路飛騨美濃道路を走ります。

飛騨美濃道路を抜けると、スキーの時国道156号線からめいほうスキー場に通っていた道に出ます。
懐かしさを感じつつ、そろそろガソリンランプが付き始めたので給油。
再度走り出し、一気に国道156号線を駆け抜けて愛知県へ。


行きと同じ長良川沿いを南下し、帰宅したのは18時ちょっと前。
道中かなりのハイペースで走れたので、岐阜と三重でちょっと寄り道したものの、余裕の帰宅となりました。

本日の走行距離は465キロ。
dscf2278.jpg



ソロツーならではのペース配分で、まあまあの距離を走ったものの疲労感はほとんどありませんでした。
道中のほとんどが気持ちの良い快走路だったというのも疲れなかった一因でしょう。


今回のツーで嬉しかったのが、やまびこロードやせせらぎ街道などを走行中の出来事。
地元のドライバーさんだと思うのですが、後ろにバイクがいるのに気付くと、こちらからアクションしていないのに左に寄せて道を譲ってくれる事。
それも一度や二度ではなく、何度もそういうドライバーさんに出会いました。

過去何度も煽られたというネガティブな理由からかも・・・と思いつつ、抜かせて頂く度に手を挙げてお礼をしてきました。

良い習慣として根付いてくれれば良いな~と思います。




以上、長々と書き綴ってしまいました。

ここまで読んでいただいた皆様、ありがとうございました!






スポンサーサイト

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

ツーリング | 20:53:22 | トラックバック(0) | コメント(32)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。