☆ツーリング企画のお知らせ☆

しばらく企画はムリぽ・・・


 
■プロフィール

おいち

Author:おいち
三重県在住のバイク乗り
ガンプラにも手を出してます
リンクフリーですので末席にでも加えていただけると幸いです

■現時点で判明している今後の予定

1日でも早く復興へ!
三重から出来る事をコツコツと!!




■Twitter

■最新記事
■最新コメント
■リンク

このブログをリンクに追加する

■FC2カウンター

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Ninja250RにDCstation取り付け

DCstationをNinjaに取り付けました


シートやサイドのカウル取り外しは取扱説明書に載っているので割愛です。

ヒューズボックスは進行方向からホーン、イグニッション、以下略~ となってます(笑)

万が一走行中に切れても危険性の低いホーンから電源を取る事にしました。

ちなみにヒューズはミニタイプが使われています。
dscf1597~1


ヒューズは進行方向左手がバッテリー側、右手がホーンスイッチ側です。
(いつ変更されるとも限らないので、テスターで確認する事を忘れずに)
dscf1598~1



今回触りませんでしたが、メインヒューズは30Aのようですね。
dscf1599~1

ZZ-R400で一度メインヒューズが切れて交換した事がありましたが、メインも予備ヒューズが付いてた記憶があります。



バッテリーカバーを外すとバッテリーの端子が現れます。
dscf1600~1



DCstation本体の設置場所はフロントスクリーンの下にしてみました。
dscf1601~1



配線はメーターカバー下の隙間からハンドルステー横を通り、ガソリンタンクの左を通ってシート下へ通しました。
dscf1602~1


dscf1603~1



DCstationのコードは全長1.5mなんですが、計ったようにシート下までの長さでした!
さすがバイク用のパーツですね(笑)
dscf1605~1



ホーンのヒューズ二次側配線をカットし、平型のオス端子を圧着しエーモンの分岐コードを取り付けます。
続いてホーンスイッチ側にも平型のオス端子を圧着します。
dscf1606~1



DCstationの端子は両方クワ型なので、プラス側をカットして平型のオス端子を圧着します。
dscf1607~1




端子を接続&DCstationのアース側をバッテリーのマイナス端子に取り付けてからNinjaのエンジンをかけ、DCstationにシガー電源を挿して通電テスト。
LEDが赤く点灯しているので作動チェックはOKです。
dscf1610~1



ナビに電源コードを挿すとちゃんと起動し、充電マークも確認できました。
dscf1609~1



バイクのメインキーをオフとすると外部電源断となる事も確認し、テストは無事終了です。
dscf1611~1



後はコード類をビニールテープで養生し、バラした箇所を復旧して終了です。
DCstationの固定はちょっと考えましたが、暫く仮置きのままで様子を見て、必要であればメーターカバーに固定します。
dscf1612~1


dscf1613~1





スポンサーサイト

テーマ:バイク用品 - ジャンル:車・バイク

Ninja250R | 23:17:02 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。